診察する女医さん

腎臓病の数値改善

クレアチニン値の改善腎臓は血液を濾過するのですが、その機構は毛細血管集合体となっています。ですので、その毛細血管の汚れを落としてやることで、血液中のクレアチンニンの排出が効率的に行われるのです。

では、どうしたらこの毛細血管の汚れを取るのかですが、食物の栄養によって改善できます。EPAという必須脂肪酸がDHAの一種ですが、血液をサラサラにする効果があり、ご存知かと思いますが、医薬品にもなっています。青魚から摂取できるのですが、副作用がないなどの安全性の高さが一番の特徴です。

腎臓について

[スポンサードリンク]

腎臓の機能や細胞は一度死ぬと回復はしない不可逆性を持っています。弱った機能(細胞あるいは組織レベル)は戻せても一度失った機能はもう戻りません。弱った腎臓の機能をなんとか強化できるようにしましょう。

そのためには血液をサラサラにすることにより、弱った腎臓の機能を正常に発揮できるように常に血液の健康を保っていなければなりません。

また、腎臓が悪いのは血液を流している循環器系の問題もからんでいるので、循環器系の健康も気を使わなければなりません。
具体的には血圧を下げる必要があるのです。これは一時的なもので良く、クレアチニン値が落ち着いて来ればそれで良いです。

そのためには血圧を下げる薬を飲む必要があるということです。もちろん病院に行けばそういう対策を教えてくれるのでここでわざわざ書かなくても良いのかもしれませんが、理屈を知っていて下さい。

一酸化窒素

一酸化窒素を対内で増やすことで血圧を下げることができます。これを具体的にどうすれば良いかですが、アルギニンという良くサプリメントで売られているアミノ酸を摂取すると一酸化窒素が体内で増えて、良いようです。

また、日光浴も効果的で、軽い有酸素運動をすることでも血液がさらさらになるので、外にでてウォーキングをすることによって、一酸化窒素を体内に増やすことができ、ついでに血液がさらさらにすることができるので、おすすめです。

[スポンサードリンク]