たくさんの野菜

タンパク質とアミノ酸の問題

クレアチニン値を下げる、つまり腎臓機能を良くするためにはオルニチンが肝心で、そのためには肉を食べる必要があります。
というのは、オルニチンを取ればいいのですが、オルニチンを体の中で生成するためには肉に含まれているアルギニンやシトルリンを摂取する必要があるからです。

解決策としては、タンパク質を取るのではなく(少しは要ります)タンパク質を分解してできるアミノ酸を直接摂取すれば良いです。

ただし、文中にもあるようにタンパク質を取る、つまり肉を食べると、ミネラルやビタミン等すべての人体に必要な栄養が含まれているので、全く取らないのは問題がでてきますし、様々なサプリメントを取らないといけないので、とても金銭的に高価になってきます。

低タンパク食品

[スポンサードリンク]

タンパク質は取らないといけないのですが、全く取らないのもダメだと書いた通り、低たんぱく食品はとても腎臓の機能回復に有効です。

低たんぱく食品は肉でも大豆由来でもなんでも良いのですが、とにかく少ない量のタンパク質で食事を済ますことにより、不要なアンモニアを体内に生成することなくして、腎臓に負担をかけないことが目的となります。

低たんぱく食品は具体的に何がおすすめか以下のリンクに張っているので参考にして下さい。

減塩食

塩分も腎臓に負担を与えるので(塩分に限らず糖分、カリウムすべての血液に溶け込む物質)極力少なく摂取したいところですが、塩分自体は実は体に必須の栄養ですので、全く取らないのは極論、死に至ります。

塩分が腎臓に負担を与える原理ですが、塩分は血液中に溶けているので、腎臓にて濾過されます。この際にもちろんろかするので、腎臓に負担がかかるのです。

ですので、減塩食をたべることにより、無理なく減塩することができます。もちろん減塩すると塩分を食べたくなるものですが、減塩食であれば、その欲も比較的感じず減塩することができます。

おすすめの減塩食は以下にリンクしておきますので、参考にして下さい。

[スポンサードリンク]